https://www.animediatv.com

ガンダムシリーズ

水星の魔女の怖い鉱石パーメッド粒子について深く掘り下げてみた!

機動戦士ガンダム 水星の魔女 諸悪の根源‼超絶怖い鉱石について

パーメットとは

「データストーム」という現象を語る前に、まずその原因となっている「パーメット」という物質について掘り下げなければなりません。詳しくは、こちらのブログカードにある水星の魔女に出てくる難しい用語を解りやすく解説してますのでご一読くださいね!それでは、物語で描かれる悲劇の根源、特殊な鉱石から発する物質「パーメット」とは一体何なのでしょうか?余すことなく解説していきましょう!

パーメットとは、『機動戦士ガンダム 水星の魔女』に登場する、太陽系内で採掘できる特殊な鉱石に含まれる新種の元素である。パーメット粒子間で情報を保存・共有する性質を持ち、作中で新たな技術体系として生み出されました。主に「月」と「水星」で採掘されており、主人公のスレッタは水星の出身となります。

何故タイトルが水星の魔女となったのか?

こんな方におすすめ

  • 水星の魔女が観たいならこれ一択
    U-NEXT

水星の魔女の語源

元々は、初期の制作段階の構想にあった『呪い呪縛』の要素を盛り込みたかったようです。なので今作は、ガンダムシリーズの中で、初の女の子主人公なので、その要素も合わせた結果「魔女」なったと考えましたが、本来魔女とは、「ヨーロッパ地方の俗信で、悪霊と交わって魔力を得た女性。その超自然的能力により、人間に対して悪事を働き教会に対して害を与えると考えられた」と言う意味を込め魔女と呼んでいたそうです。

このことから本作序盤は、魔女=スレッタと考えていましたが、物語が進むにつれ、魔女=プロスペラが適切だと考えるようになりましたが、いやいや、そんな簡単なものではない!最終的には、魔女=エリクトと結論付けました。その理は後ほど解説するとして、プロスペラが魔女な理由はと言うと、復讐と言う名の自身の正義を振りかざし、他者を陥れ害を与える存在だからです。その為なら何でも利用する。かなりエグイかーちゃんとなっています。

そのプロスペラの腕は、パーメットを組み込んだ義手となっています。このパーメットを機械に組み込むことで、人体とほぼ完全に同期することが可能になります。この技術の進歩は、義肢などの義肢に革命をもたらしました。パーメットテクノロジーを利用したマシンは、本物の手足のようにスムーズに動きます。そしてこのパーメットテクノロジーをMSの技術に転用したものを「GUND-ARM」、通称「ガンダム」と呼びます。

さらに、パーメットを介した人体と機械の接続により、義肢だけでなく、追加の四肢やドローンのようなデバイスの操作も可能になります。まさに身体拡張の概念を体現しています。公式情報源では、それぞれの水星の魔女に出てくる用語集があり、相当詳しい説明が提供されているので、必ずチェックしてくださいね。

夢のテクノロジー パーメット

データストーム

パーメットテクノロジーは、医療の進歩の分野で夢を実現し、脚を失った人が再び走れるになりました。この技術なら鉄血の三日月・オーガスもバルバトスなしで自由になれる!しかし、この技術をモビルスーツに応用すると問題が発生しました。それは「データ ストーム」として知られています。パイロットが命を削りながら戦うマシン。カルド・ナボ博士率いるヴァナディース機関は、オックス・アース社の資金提供を受け、「GUND-ARM」と言うパーメット技術をモビルスーツに応用した「GUND」を生み出した。

カルド ナボ博士の部屋には、パーメットベースの身体拡張技術によって、助けられた人々の楽しい写真が数多く飾られていました。しかし、軍事転用で状況は一変した。パーメット技術を用いて人体とモビルスーツを接続するプロセスは「パーメットリンク」として知られています。このリンクを通じて、モビルスーツからの大量のデータが直接人体に流れ込みます。鉄血のオルフェンズの阿頼耶識システムが有線ならば、このパーメットリンクは無線技術の様な物ですね。

人間との対話のために、設計された義肢のような機械では実現可能かもしれませんが、ファンネルやブースター制御装置などの型破りな器官のデータを含む 、18 メートル級のロボット本体から情報を転送することになると、パイロットの脳、神経、脊髄に負担がかかり、その機体を運用中に、パイロットの体内へ流れ込む膨大なデータは耐えられなくなり、パーメットによって命を落とすパイロットが出始めました。

まるで生き物のような動きをするガンダムは、他のモビルスーツを遥かに凌ぐ性能を持っています。しかし、「データストーム」とは、ガンド技術を利用したモビルスーツ運用時にパイロットを襲う負担のこと。この現象によって人命が失われるため、物語上では禁忌のシステムとなって行きました。。

プロローグでは、データストームによる事故をなくすことができないため、MS運営協議会は、人間が触れるべきではない技術として、これ以上の「GUND-ARM」の研究開発を禁止した。情報漏洩を防ぐため関係者諸共一斉処分した。それがバナディース事変です。スコアが高いほど危険性が高くなります。パーメットスコア。作中では、ガンダムのオールレンジ兵器を操作する際に「パーメットスコア」という言葉が使われる。

危険なパーメットスコア

パーメットスコアは、パイロットにどれだけパーメットが流入しているかを示す指標です。スコアが高いと、身体拡張テクノロジーの可能性を最大限に発揮でき、パイロットがロボットのアームを自分のものであるかのように動かし、ファンネル、ビット、ドローンを完全に制御できるようになります。ただし、スコアが増加するにつれてデータ ストームの量も増大し、あまりにも度が過ぎるとパイロットは数分で命を落とす可能性があります。

魔女

作中では、ガンダムに載る人間を「地球の魔女」や「水星の魔女」などと呼んでいるけど、仇なすと言う意味では、プロスペラや『GUND-ARM』そのものを指す言葉なのかもしれないですね。水星の魔女として知られるスレッタはガンダムを操縦していますが、データストームの危険に影響を受けません。

パーメットを使用した人間の腕や顔には独特の模様が表示され、パーメットスコアも表示されます。。『ガンダムエアリアル』がパーメット耐性をもったエリクト自体を移した機体だから影響を受けなかった。もしかしたらスレッタ自身も、エリクトの遺伝子によって生み出されたリプリチャイルドだから影響は受けないのかもしれないですね。

ガヴンの子の本当の意味

ガウンの子

『データストームの中でしか生きられないエリィの代わりに、生み出されのがカヴンの子。君たちは僕の遺伝子からつくられた。リプリチャイルドってことだよ』エアリアルの中に眠っていたAIであるエリクト・サマヤから明かされた。このガヴンの子と言うのは、現実の欧米においては、「カヴン」という用語は「女性同士の連帯」の意味で多用されているのでスレッタを除き、1人の人間とその分身従属体達の事を指しています。

そしてGUNDの語源はと言うと使い魔と言った意味を含んでいるそうです。なのであの11人は、エリクト・サマヤの使い魔として生み出された存在となっています。

真のニュータイプこそ魔女

真の魔女とは

おそらく真の魔女は、パーメットの影響を受けない特殊な耐性を持つ少女、あるいはデータストームに耐えられるニュータイプの人類なのかもしれません。ガンダムシリーズにおいて、ニュータイプは人類の可能性の象徴であり、宇宙に進出した人類の進化した存在でした。

水中から陸へ、陸から宇宙へと進化した人類の姿が「魔女」を指すのかもしれません。「魔女」という言葉は多くの人に良い印象を与えませんが、エリクトこそ真のニュータイプなのかもしれませんね。新たな呼び方として「ニュータイプ」を「魔女」に変えたら、かなり面白そうな事になりそうですね!

プロスペラの真の目的とは顕現ではなく転移?

人類データ化計画

今までは、プロスペラの目的とはエリーの復活と復讐とばかり考えてきましたが、ここに来て腑に落ちない点が幾つか出てきました。それは「人類補完計画ではなく、人類データ化計画」 ではないのか?プロスペラがエリクトの顕現に執着するなら、まだ許せるかもしれないがしかし、彼女の目的がエリクトを現実世界に連れてくることではなく、全人類をパーメットの世界に転移させることだとしたら、それはかなり恐るべき計画となる。エリクトがエリアルの中に存在し、スレッタの言う「みんな」がパーメットを介して生体データとして存在するとしたら、プロスペラの夢は悪夢のようなシナリオとなる。

プロスペラは、戦闘と紛争をなくす手段として、デリングのGUND形式プロジェクトについて言及している。スペーシアによるアーシアンへの抑圧と、モビルスーツ(暴力機械)の終わりのない争いにより、紛争が永遠に続くかのように見える世界では、プロスペラの計画は一部の人にとっては救いのように見えるかもしれません。プロスペラが味方になるか敵になるか、今後の展開が注目だ。その場合、プロスペラとエリアルVSスレッタとグエルの親子対決もあり得るかもしれないですね。

最後に要点をまとめると:

  • パーメットは、太陽系で採掘できる特別な鉱石に含まれる新しいタイプの元素です。
  • パーメット を使用すると、異なる パーメットソース間での情報の共有と保存が可能になります。
  • パーメットの技術は身体の強化に使用され、医療や武器などの分野に応用できます。
  • パーメットを利用したモビルスーツをガンダムと呼びます。
  • ガンダムのパイロットは大量のパーメットを使用する必要があり、膨大な情報負荷はパイロットにとって致命的になる可能性があります。
  • 「水銀の魔女」という用語は、パーメットの影響を受けない、またはデータ ストームに耐えることができる個人を指す場合があります。
  • 『機動戦士ガンダム 水銀の魔女』は、データストーム問題の解決を巡る物語。

AD

-ガンダムシリーズ